HOME > 着物ドレス > 花桐

image

花桐
Hanagiri

お色直し用のお引きずり振袖のリメイクです。桐鳳凰の柄です。鳳凰はなぜか桐の木にしか止まらないとか。おめでたい柄です。
柿色の中でも、照柿(てりがき)と言われているお色です。
秋の夕焼けのなかに、ひとつだけ柿の実が残っている・・・あのあかあかとした色が照柿の色です。このドレスもそのお色です。
このすてきな色の名は、江戸中期に命名されたようです。赤絵磁器の柿右衛門も、この柿色を目標にしていました。柿右衛門の柿は色の名だったんですね。

This dress reuses the long wedding Kimono with a pattern of phoenix.  Apparently, phoenixes only peach on paulownia trees.
This beautiful colour was named "Terigaki" during the mid-Edo era.

一覧へ戻る

back to top