HOME > 着物ドレス > 梅園

image

梅園
Umezono

このドレスのお着物を買い付けた日は、興奮で眠れないほどでした。昭和の初期の打掛です。
いま、この生地はつくろうとしても作れません。
どう生かそうと考え抜いて、Aラインのドレスに致しました。地色は白群青といわれる水色です。
地模様は大きめの卍紋です。優しい水色の地に梅の花が満開です。
鴇色、牡丹色、苺色、白、朱色の梅の素晴しい刺繍に魅了されます。その中に鮮やかな緑の竹が梅の美しさを引き立たせています。
バニエを着けますと、Aラインがとても美しく出ます。ため息の出るような上品さと愛らしさを持ったドレスが誕生しました。

This A- line dress reuses fabric from the traditional, ormate wedding Kimono called "Uchikake" from the early Showa are
(around 1930-1950).  
The plum flowers are in full bloom with the base of soft, light blue colour called Byakugunjo"(meaning"white-ultramarine)
and the large swastika patterns.

一覧へ戻る

back to top